ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Fugue de Nénin 2002 AC Pomerol
8v0128-1.jpg「フュグ・ド・ネナン」、シャトー・ネナンのセカンドワインです。最近のフランスワインの傾向でしょうか、エチケットに必要事項が抜けており裏ラベルにその本来記されるべき事柄が集約されています。イタリアワインでは何年も前から行われていますがフランスはボルドーからこういったファッション(?)が発信されるのでしょうか。ネナンと云えばド・サールに次ぐポムロールでは珍しい大きな畑を持つシャトーで白地にシャトーの写真というラベルだったはずですがセカンドはあまり記憶にありません。シャトー・ネナンそのものが昔はお安いワインで品質も取り立てて申し上げるほどのものではなかったはずです。
輸入元の説明では「ラス・カーズの当主ドロン家が投資、ミッシェル・ロランがコンサルタントをするポムロールの銘醸シャトー・ネナンのセカンドワイン。果実味に富んだなめらかな高品質のワインです」とのこと。シャトーのHPはラベルにURLの記載があるにも拘わらず現在制作中とのこと。で、ネットで調べるとこんなページが見つかりました。このサイト日本人用に円でのプライスも載せてますが2004年のエチケットは2002年のものとは全く違っているようであります。04エチケットに見られる四分音符ですがこれは02のキャップシールに3箇所見出すことが出来ます。Fugue とは音楽のフーガのこと、日本語に無理矢理訳すなら遁奏曲。ラベルがコロコロ変わると云うことはワインもまだ試行錯誤の途上なのでしょうか?先程のHPから以前の生産者は Despujol ファミリーで有名なエミール・ペイノー教授の下メルロー50%、ブーシェ(カベルネ・フラン)30%そしてカベルネ・ソーヴィニョン20%という畑の構成だったのですが、現在はラスカーズのドロン家の所有になりエノロジストはかのミッシェル・ロラン。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 03:41 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年01月28日
All Rights Reserved./Skin:oct