ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Clos de la Coulée de Serrant 1996 Domaine Nicolas Joly
8v0127.jpgワインのお勉強を始めると「必ず飲んでみたくなる」のがこのワインではないでしょうか? 昔は「単独アペラシオンを持つロワールの銘酒」などと持て囃され、現在は「ビオディナミの元祖」などと騒がれていますがこれらはいずれも間違いと云われば間違いであります。まずアペラシオンで申し上げると「Savennières」の中に含まれる「Savennières Coulée de Serrant」、INAOのHPではデノミナシヨン(いずれも日本語では「呼称」)とカテゴリーに分類されています。従ってアペラシオンは「Savennières」、デノミナシヨンが「Savennières Coulée de Serrant」と云うことであります。また葡萄栽培にビオディナミを取り入れたのはボルドーはシャトー・ファルファの元オーナーでありますがこれは何度も申し上げております。従ってニコラ・ジョリーはビオディナミの元祖ではありません。私が若かった頃このワインは高島屋が販売権を持ち1980年代初めは当時としては大変高価な¥6000という価格でワイン売り場の中核に置かれていました。しかしいざ飲んでみると「けったいな味やなあ!」とガッカリしたものです。もう一つこちらは単独アペラシオンに間違いはありませんが「シャトー・グリエ」、これはもっと高価でしたが飲んだあげくの感想は似たり寄ったり。「高価なワインは必ずしも旨くない」は80年代の初めにはしっかり身に付いておりました。
アペラシオンについては「Savennières」と「Savennières Coulée de Serrant」をご覧頂いたらお分かり頂けると思います。今はさらにそのモワルーまで出来ていますので、有名に成ることの必要性がワインの世界でもあることが分かります。「有名に成りさえすれば何でもあり」になって貰えば困るのですが・・・

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 03:39 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年01月27日
All Rights Reserved./Skin:oct