ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Chantelune 2005 AC Margaux
8v0123-1.jpgシャトー・シャンテリュン、エチケットを見る限り「月に歌う」と云うより「月に向かって吠える」という意味なのでしょうね。初耳のシャトーですが、アペラシオンはマルゴーと云うことで2度ビックリです。
で、輸入元のHPを開いてみると「オーナーのホセ・サンファン氏は現在もカントナック・ブラウンのエノロジストを務めている。シャンテリュンはラスコンブといった銘醸シャトーの近くの丘陵地にあるという恵まれたテロワール」とのことですが、肝心な説明が抜けているのではないでしょうか?
私としては、このシャトーはいつ、誰がどれだけの広さのシャトーを設立したのか、ファースト・リリースはいつなのか、そういったことを伝えるべきと考えます。で、ネットで調べたのですがそれらしきシャトーのHPはヒットしませんのでこちらを見るとこのオーナー、ホセ・サンファン氏はAXAミレジムの関係者のようであります。
元に戻り輸入元のHPの資料から「フレンチオークにて18ヶ月熟成(225L、新樽比率50%) 」とのことですので強い樽香が予見できますが果たしてどんなワインなのでしょうか?
キャップシールは若干薄いですが錫箔でつや消しの鉄紺色に染められ、銀色の上弦、下弦そして満月があしらわれています。トップは3本の麦穂?にシャトーの名前がレリーフ、孔はありません。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 03:32 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年01月23日
All Rights Reserved./Skin:oct