ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Hautes Côtes de Nuits Cuvée des Dame de Vergy 2004 Domaine Dominique Guyon
8v0112.jpg昨日と同じお店の勧めに従い05から04に変更した買い物です。ドメーヌ・ドミニーク・ギヨンと云うより親爺の名前アントナン・ギヨンの方が分かり易いと思います。この生産者のワイン、日本では永年アルカンが輸入していたはずですがいつの間にかボニリ・ジャパンに替わっています。クリスタルで有名なあのシャンパーニュ・ルイ・ロデレールも同じ頃エノテカに替わってしまいました。アルカンはその後しばらくしてからボランジェの権利を持ったようですが、ワイン輸入の商売も楽なものではないようです。
何度かお話ししましたが昔日本でブルゴーニュ・ワインと云えば銀座ミツミが大きな権力を持っていました。古くからワインの輸入に力を入れてきたのは高島屋、雪印乳業、コールドベック、ジャーディン・マセソン、バークレイなどなど色々ありましたが殆どはネゴシアンモノ中心に扱い、所謂小さなドメーヌモノはミツミがその権利を持っていたのです。ラック・コーポレーションがワインを扱い始めたのはそんなミツミの力が衰えてきた1980年代だったはず。その後ミツミは倒産、ラックもタカラに買収の憂き目にあったのはご存知の通りであります。ドメーヌモノを扱うのはワイン輸入として決してグッド・ビジネスではないようです。
この生産者についてはよくご存じの方が多いと思いますが、概要はこちらのリポートをご覧頂ければお分かり頂けると思います。
さてこのギヨンのワインですがキャップシールは重厚な錫箔、ワインレッドに家紋とドメーヌの名前が入りトップにレリーフで生産者名があります。コルクは大変良質な天然物で長さ50ミリ両端にヴィンテージはなく側面に枠で囲んだ中に家紋とドメーヌ元詰め表示があるだけです。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:38 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年01月12日
All Rights Reserved./Skin:oct