ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bourgogne Pinot Noir 2004 Domaine Truchetet
8v0111.jpg2005年のブルゴーニュを物色していたら「今飲むならこちら」と勧められたのがこのワインであります。生産者ジャン・ピエール・トリュシュテはニュイ・サン・ジョルジュ南の外れで葡萄栽培・ワイン造りを行っている地味な存在です。評価本に載っているか調べるとクラスマンにそのページは見つかりませんでしたが、アシェットにはキッチリ載っていました。ギド・アシェット・デ・ヴァン・ド・フランスは昔からそうですが優良な生産者を見つけ出して載せているのが有り難いと思います。古い1985年版などには今はお宝ドメーヌになってしまった生産者が(流行る前から)ちゃんと載ってあります。
さて輸入元の資料には詳しい説明がないのでネットで調べたのですが海外のサイトは殆どヒットしません。ネット上で見掛けないワイン、専門書に載っていないワイン世の中にはまだまだ知られていないワインがゴロゴロあることが分かります。(後程輸入元ボニリ・ジャパンの社長に聞いてみます)
さてキャップシールはビニルコーティングされたアルミ製でトップに孔はありません。コルクは長さ44ミリの天然物ですが質的には中級品。早速開けてみましょう。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:36 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2008年01月11日
All Rights Reserved./Skin:oct