ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Bolaire 2005 AC Bordeaux Supérieur
7v1211.jpg2005年のボルドー・シュペリュールですが生産地にご注目下さい。

MACAU-33460 MARGAUX とありオー・メドックはマルゴー周辺のマコーというコミューンにあるシャトーなので地理的には大いに期待できます。

MACAU っていうと香港の近くのマカオと同じ綴りなのですがボルドーから国道D2を北上、右手にシャトー・ラ・ラギューン、左手にカントメルルを見ればそこがこのマコーというコミューンの入り口です。

最近名前が売れたシャトー・ドーザックの手前右側がこのコミューンの中心地であります。

ですから周辺にはクリュ・クラッセのシャトーが目白押しでクリュ・ブルジョワクラスのシャトーもかなり高値で取引されているのが現状であり、このボレールもあっという間に高くなること必定でありましょう。

シャトーのHPは見つかりませんでしたがネットで調べるとオーナーはロンドンの銀行家 Vincent Mulliez という人物で、このマコーの地に他に二つのシャトー(Château Belle-Vue、Château de Gironville)を所有しているとのことです。

2005年に関するセパージュなのか、葡萄畑の面積比率のどちらかは分かりませんが一番多い比率は何とプティ・ヴェルドでその比率は39%という高い数値に驚きです。

普通プティ・ヴェルドという品種は滅多に完熟することなく、年によっては全く採れないこともあるという気難しい品種であります。

他にはメルロー34%、カベルネ・ソーヴィニョン27%となっていますが、2005年は特殊なヴィンテージだったのでしょうか。

早速開けてみましょう。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 02:40 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年12月11日
All Rights Reserved./Skin:oct