ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Petit Boyer 2005 AC Blaye
7v1210-1.jpg輸入元の資料を見てもシャトーのHPを見てもよく判らないワインです。まず輸入元の資料によると葡萄品種はメルロー75%、カベルネ・ソーヴィニョン25%で平均樹齢は30~50年(だったら平均40年ってことでしょうか?)、土質は石灰質、粘土石灰質、砂粘土質で畑の広さは6ヘクタール。醸造後熟成はオーク樽で15ヶ月(新樽比率30%)、収穫量は50hl/haで年産4万本、アペラシオンは Premières Côtes de Blaye になっています。
これに対してシャトーのHPを見ると(所有する畑すべてについてだと思いますが)平均樹齢25年、葡萄品種構成はシャトーのHPから原文をコピーすると「It is composed by :
- Merlot noir 65 % : provides suppleness, colour and alcohol
- Cabernet sauvignon 25 % : bestows tannic and rough features to the wines
- Cabernet franc 15 % : elegance, style and delicacy
- Malbec 5 % : colour and delicacy」とのことであります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 03:42 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年12月10日
All Rights Reserved./Skin:oct