ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Montalon 2005 AC Bordeaux Supérieur
7v1204.jpg今日は2005年ボルドーの赤を大量購入、ブルゴーニュ白に先立ってこちらから飲むことにします。先ずは名前が面白い「シャトー・モンタロン」、ボルドー・シュペリュールACで、場所はサンタンドレ・ド・キュブザックになっています。生産者は「シャトー・サンクリット」となっていますが私には初耳であります。調べてみるとシャトーのHPは簡単に見つかり、場所はこちらボルドーは所謂右岸のリブルヌからブールへ向かって中間ぐらいの場所、ブール寄りと申し上げたらお分かり頂けるでしょうか。ですがHPにこのモンタロンについての記述は標高86メートルの丘としか書いてありません。恐らく初めて作ったシャトー・サンクリットのセカンドではないかと推測します。
輸入元の説明では「もとヨン・フィジャックで働いていた若き女性醸造家が造るシャトー。彼女の目指した『しっかりとした骨格に、豊かな果実味のあるワイン』が出来ました」とのことであります。生産者のHPに登場する女性がこのシャトーのオーナーでありますが、もう少しHPに詳しいことを書いて頂ければ有り難いかと思います。HPから抜粋すると「畑の面積は 9,4 ha、平均樹齢は25年、Merlot 70%, Cabernet sauvignon 15%, Cabernet franc 15%、Picking : Mechanical harvest」とのことですが輸入元のデータによるとこのワインに関しては「メルロー90%、カベルネ・フラン10%」とのことであります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:15 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年12月04日
All Rights Reserved./Skin:oct