ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

La Demoiselle de Sosiando-Mallet 2005 AC Haut-Médoc
7v1127-01.jpg昔から私の大好きなワインの一つであります。名前は長ったらしいのですが「トンボ」で通るので覚えて貰うのが早いワインでした。ご存知の通りジャン・ゴートロー氏がサン・スーラン・ド・カドゥルヌ村に一代で築いたシャトー・ソシアンド・マレのセカンドワインであります。残念ながらシャトーのHPは存在しない模様ですが、その歴史などについてはこちらをご覧頂けるとご理解頂けるはずであります。シャトーはサンテステーフから北に行けばすぐの場所にあり近くには「猿の惑星」登場人物によく似た故シャルル・シモンのシャトー・レスタージュ・シモンがあります。1855年の格付けにはもちろん入っていませんが両者は手ごろな価格で楽しめた良いワインだったのですが・・・、このセカンドである「トンボ」の現在の価格は異常な上昇ぶりであります。ついこの前までは5ユーロ程度で流通していたはずなのに今では11ユーロを超える勢いであります。日本国内のスーパーマーケットでも2000円前後で買えたのが今では税別5300円とはいくら何でも高すぎます。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:34 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年11月27日
All Rights Reserved./Skin:oct