ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Grande Réserve des Bastides 2005 AC Gaillac Cave de Bastide de Lévis
7v1123-04.jpg今日は買ったワインではなく頂き物です。ボトルの肩には「ワインコンクール受賞」と書いた楕円形の金色シールが貼られ、エチケット右上にはトゥールーズでの2006年度金賞ステッカーも貼り付けられています。いつも申し上げますがこの手のワインに旨い物無しというのが私の定説であります。
さてアペラシオン「ガイヤック」は航空機のエコノミー・クラスに乗ると定番のように出てくるワインですが、日本のワインショップには殆ど並んでいないのが現状ではないでしょうか? フランス国内でガイヤックと云えばガイヤコワーズという泡が結構知られているのですが、日本ではその存在すら知らない人が殆どで国内で私は見掛けたことがありません。

さてこのワインはガイヤックの白ワイン、INAOのHPからガイヤック・ブランを開くとここが出て来ます。で、その真ん中ほどに Aire géographique のリンクをクリックして頂くとガイヤックの生産地地図が現れます。またガイヤックの詳しい概要はこちらが原本ですのでご覧下さい。ガイヤックのスティルワインの白だけで申し上げると主要品種は最小限で50%含まれなければならないとされその品種はラン・ド・レル(len de l'el)、モーザック(mauzac)、そしてミュスカデル(muscadelle)であり、補助品種としてオンダンク(ondenc)、ソーヴィニョンsauvignon)、そしてセミヨン(semillon)と書いてあります。生産者のHPから葡萄品種に関してはこちらをご覧頂ければより分かりやすいはずです。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 04:05 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年11月23日
All Rights Reserved./Skin:oct