ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

11月の直心
偽装問題で揺れる吉兆ですが、ここのご主人は神戸吉兆の出身です。10年修行した後、天然魚を扱うために魚屋修行したという変わり種でグルメ雑誌の取材も拒否する職人気質のほんまものの料理人です。
7j11-01.jpg
先付けは北海道から空輸された「殻付き馬糞海胆」、明礬とは無縁の本物であります。甘さと香りが違いますが舌触りも特有です。

▼続きを読む
| 食べ歩き::直心の会 |
| 10:08 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年11月15日
All Rights Reserved./Skin:oct