ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Le G de Château Guiraud 2006 AC Bordeaux Blanc Sec
7v1105.jpgソーテルヌの第1級格付けであるシャトー・ギローが造る辛口白ワインです。エチケットが安っぽいものから少しシックなスタイルに変更されたので買ってみました。私の知る限り(いつからかは知りません)1980年代には既に辛口の白ワインは造られていたのですが当時の名前は Pavillon Sec de Château Guiraud であり、また赤ワイン Château Guiraud, Pavillon Rouge AC Bordeaux Supérieur という怪しげなワインも存在してました。
現在このシャトーを所有する組織がHPを開設していますが、英語版から The wines を選択して選択項目のすぐ下のオレンジの帯を見るとこのワインの名前が出ます。クリックすると詳細が見ることが出来ますのでご覧下さい。要約するとこの辛口用の畑は15ヘクタールで70%ソーヴィニョン・ブラン、30%セミヨンでその平均樹齢は15年と云うことはかなり若い樹であると云うこと。貴腐果は使わず熟した葡萄のみ使用、テクニカル・シートを開くとかなり重要なことの記載が見られます。英語ですが肝心なことはこの4つの項目であります。


▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:09 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年11月05日
All Rights Reserved./Skin:oct