ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Rossojbleo nero d'Avola 2006 Sicilia IGT Az.Agr.Gulfi
7v1103.jpg買うワインは殆どがフランスワインですがたまにはイタリアのワインも買っております。ですが私がよく訪問した頃のイタリア(当時は100リラが日本円に換算して5円台でした)の感覚が残っており、ユーロ高の現在ではとても高すぎるように思い、あまり気が進まないのは仕方ないでしょう。アズィエンダ・アグリコーラ・グルフィという生産者はごく最近出来たばかりだと思っていましたが既に10年ほど経過しています。創始者 Vito Catania は自動車のF1関連の事業で成功を収め、故郷シチーリアに戻り自分の飲みたいワイン造りを始めたと輸入元のHPに書いてあります。葡萄栽培についてはシチリアの達人サルヴァトーレ・ジューフリッダが関わり、醸造に関してはサルヴォ・フォーティが担当しており設立後数年でシチリアを代表するワインになったことは驚異的と申し上げて過言ではないでしょう。
生産者のHPはこちらですが、ところどころ英語の説明が抜けているところがあり、いかにもイタリア的であります。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 10:29 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年11月03日
All Rights Reserved./Skin:oct