ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Rosso di Montalcino 2005 Az. Agricola Collelceto
7v0730.jpgワイン関係の本の中ではとりわけ写真が美しい某誌に絶賛されていた新しい生産者、輸入元の説明によると「200年程前からこの地で生活を営んできたコッレルチェート。現オーナーのエリア・パラッツェージが1998年よりワイナリーを指揮するようになり、現在は、およそ6haのブドウ畑でサンジョヴェーゼのみを栽培しています。70歳を数える父、60歳になる母と共に、今でも昔ながら手作業で畑の手入れを行い、祖先から受け継がれたこの土地に愛着心と誇りを持って、テロワールを最大限に表現したワイン造りを行っています。エノロゴには、2004年『Vini di Toscana』で、ジャコモ・タキスとならび『プレミアム』を獲得した4人の1人、ロレンツォ・ランディ氏を起用」とありますが、ブルネッロではなくそのセカンド的存在のDOCロッソ・ディ・モンタルチーノの2005年であります。写真の綺麗な(私には単なるヨイショ記事の多いとしか形容出来ない)普通ならもっと安いはずですが蔵出し予想価格は8.75ユーロという価格の高いロッソ・ディ・モンタルチーノ、早速開けてみましょう。インフォシークで collelceto を検索すると販売店のベタ褒めことばが多くヒットしますが、MSNで検索すると生産者のHPは簡単に見つかります。

▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 11:50 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2007年07月30日
All Rights Reserved./Skin:oct