ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Lopez Cristobal Tinto Roble 2005 DO Ribera del Duero
7v0729.jpg先日開けたワインが気に入ったので関連する一番お安いモノを開けてみました。キャップシールはビニールコーティングされたアルミ箔で造られていますが、結構重量感があり安っぽくないのがいいと思います。樹脂製のペラペラなモノは開ける前からガッカリさせられてしまいます。フランスでよく見掛ける nomacorc とは違うプラスティック(か樹脂か詳しくありませんが)の「人造コルク」には生産者の名前が印刷されていて、形状的には角が丸く面取りされています。もちろん面取りしたわけではなく初めからそういう形に成形されているという事です。この面取りされたコルクについては天然、人造に拘わらず漏れた物を見た事がありません。カリフォルニアのボーリュー・ヴィンヤードが開発したはずですが良いものをマネするのは決して悪い事ではないはずです。その長さは45ミリですが、残念な事にスクリュープルのレバーモデルは使えません。これは人造コルクの欠点と云えば欠点で、さらなる改良をお願いしたいと思います。
さてワインですが、グラスに注ぐと綺麗な赤紫色を呈します。香りは「Roble」、樽をほとんど感じさせません。葡萄の果実味が前面に出ていますので本当に樽を使っているとは思えない位です。味わいは実にマイルド、残留亜硫酸も感じませんし、多くのスペインの赤にある甘さも気になりません。しかし単純と云えば単純で深みを期待する人には向かないかもね。

▼続きを読む
| ワイン日記::スペインワイン |
| 09:36 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年07月29日
All Rights Reserved./Skin:oct