ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château De Rochemorin Blanc 2004 AC Pessac-Léognan André Lurton
7v0727.jpgアンドレ・リュルトンは数多くのシャトーを所有していますが、モンテスキューと関わりのあるこのロシュモランもその一つであります。
いつの間にかラベルに書かれているシャトーのあとの de が De に変わっているように思いますが記憶は定かではありません。

輸入元の説明によると「ソーヴィニョン・ブラン90%、セミヨン10%、樽熟成10ヶ月でその新樽比率25%」となっていますが、シャトーのホームページによると「ソーヴィニョン・ブラン100%、樽熟成10ヶ月新樽比率35%」となっています。

輸入元の説明は数年前のデータではないでしょうか?

毎年同じワインを輸入しているとつい疎かになるのがワインに関するデータです。しかし農産物なので当然年ごとに生産量も変われば時には葡萄品種構成も変わる事があります。消費者に伝えて頂きたいのは正確な情報だと思うのですが・・・。

とりあえず開けてみましょう。コルクは上質の長さ50ミリでシャトーの名前からそのイラスト、アペラシオンにミレジム、シャトー元詰め表示が所狭しと印字され両端には○で囲んだ2004の印字があります。グラスに注ぐとかなり彩度の高い緑色を呈しています。

ここでピーンと来たのがマセラシオン・ペリキュレール。

シャトーのHPは後で見て分かったのですが正解のドニ・デュブルデュー教授が関与していました。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:42 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年07月27日
All Rights Reserved./Skin:oct