ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第93回英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会
世の中には旨い店と云われる店は数あれど、知ってしまうと不幸になるお店はなかなか存在しません。例えばフレンチならハウステンボスのエリタージュでしょうか、古くから付き合いのある上柿元勝氏の自ら作る料理は想像を絶する至高の味わいがあります。もちろん長年の付き合いがあるがこそ至福のひとときが生まれるわけで、誰彼なく美味しいものに出会えるとは考えません。あれこれ食べ歩くのは時には必要ですが、私の場合そんなに美味しい店がどこにでもころがっているとは思いません。これと決めたら徹底的に通う必要があると考えます。

▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 09:21 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年07月21日
All Rights Reserved./Skin:oct