ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Bonnet 2003 AC Bordeaux André Lurton
7v0720.jpgどういう訳か今頃出て来たボルドーの2003年、アンドレ・リュルトン氏の居城ボネの赤ワインです。アンドレ・リュルトン氏はこのシャトー・ボネに住んでいますが先日もご紹介した通りボルドーの各地にてワイナリーを所有している大御所であります。詳しくはこちらをご覧頂ければお分かりと思いますがここの畑は何と270ヘクタールと広くその内150ヘクタールでカベソーとメルローが半々の割合で育てられています。これだけ広いと全て機械摘みかと思ったのですが手摘みと機械摘みのあと手作業で選別しているようです。
さてコルクを引き抜いてみると硬いのですがかなり孔数の多い中級品で長さは45ミリ、両端には○で囲んだ2003側面にはシャトーの名前とヴィンテージの2003そしてシャトー元詰めの表記があります。グラスに注ぐとやはり2003年独特の色合いです。「焼けた年」に仕方ないことかも知れませんが、また既にかなりの年月が経過しているので、贔屓目に評価したとしてもややくすんだガーネット色としか申し上げられません。救いと云えばオレンジや茶色は帯びていないと云うことでしょうか。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 09:23 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年07月20日
All Rights Reserved./Skin:oct