ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Château Tour de Ségur 2001 AC Lussac-Saint-Émilion
7v0715.jpgボルドーではかなりの著名人となったアンドレ・リュルトン氏がリューサック・サンテミリオンの中心部に所有するシャトー・ド・バルブ・ブランシュのセカンドワインにあたるのがこのシャトー・トゥール・ド・セギュールであります。先ずアンドレ・リュルトンのHPを開くといろんなシャトーが出て来ますがその内の一つこちらを開くと2つのワインが出て来ます。ボトルの画像をクリックすると片方はシャトーと同じ名前で、片方はこのトゥール・ド・セギュールです。テクニカルデータを見ると両方とも畑は28ヘクタールとありますのでこれらは同じ畑であり、新樽比率から後者はセカンドであることが明白であります。
HPを開かなくてもラベルを見ると大体想像がつきます。直訳すると白髭貴族のシャトーでしょうか、いつから所有しているのか知りませんがアンドレ・リュルトン氏もいよいよ右岸に進出しているのですね。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:07 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年07月15日
All Rights Reserved./Skin:oct