ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Clos du Marquis 1997 AC Saint-Julien
7v0714.jpg云わずと知れたラス・カーズのセカンドワインです。昔は大変お安くフィエフ・ド・ラグランジュやトンボ(ジャン・ゴートロー氏のセカンド)と共に大量消費したものですが、いつの間にかネゴシアンからの出し値は13ユーロを超えてしまっているようです。
さて話は変わりますが豊中のイカリスーパーに予めお願いしておくと「取り置きサービス」があるのをご存知でしょうか? イカリスーパーは各地に色々ありますが北摂地域では王子店、箕面店そしてこの豊中店が私の行くことが出来る範囲にあります。豊中店のお気に入りは食パンとローストビーフ。ところが私の行く時間帯にはほとんど売り切れてしまうのが実際のところなので今日は電話で予約しました。
お目当てのローストビーフ・レアを引き取りに向かうとき、車の中では某国営放送でピアノ演奏が流れていたのですがこれが何と酷い演奏。司会者が「日本を代表するピアニスト・・・・」として紹介されたのは演奏前にフォアグラや食べ物の話をしていた花○晴美と云う日本人。ショパンのソナタ第2番葬送でしたが全くお粗末の一言に尽きました。特に酷かったのは第2楽章、もちろん第4楽章も聴くに堪えない演奏で、実際放送にまで至った経緯にかなり疑問を感じました。これがこの国営放送が「日本を代表するピアニスト」と思っているなら日本の若手ピアニストに対して非常に失礼ではないか?
前もって公開収録してあるので放送するには酷すぎるのではないか? この国営放送の非常識さに大いに憤慨するのであります。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 10:08 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年07月14日
All Rights Reserved./Skin:oct