ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

第266回クードポールワインを楽しむ会
量の少ないフレンチが多い中、ここ田中氏の作るお料理は結構なボリュームであります。食の細いシェフが作る料理は当然の事ながら量は少なく、かと云って肉の塊がデーンと出てくるまるで「餌」のような料理も敬遠したいと思います。もちろん好みは人それぞれですのでご自分の好みに合うお店選びが重要なことだと私は思います。アミューズ・グールで大体の方向性がお分かり頂けると思うのですが・・・。
qp266-01.jpg
蒸し鮑とトマトのエッセンス、ヤングコーンと季節の豆にオクラを添えて。オコチャマ・フレンチなら立派なメイン料理になるに違いありません。

▼続きを読む
| クードポールワインを楽しむ会 |
| 10:45 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年07月12日
All Rights Reserved./Skin:oct