ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chablis 2005 Domaines Brocard
7v0711.jpgラベルをご覧になるとお分かり頂けますがドメーヌが複数形になっています。しかしラベルの右端に小さく記してあるこの生産者のHPを開いて頂いてもこの Domaines Brocard についての説明は一切ありません。生産者のHPをよく見ると主たる会社名はジャン・マルク・ブロカールでネゴシアン業務でしょうね。ジャン・マルク・ブロカールの息子たちの他、親族がいろいろおられるようで、相続問題の関係で土地の所有権を分けているのではないでしょうか? で、複数の親族が所有する一つの区画で有機栽培を試みたと理解するのが妥当ではないでしょうか。輸入元の説明では「息子のジュリアン・ブロカールが責任者として」とありますが、新しいドメーヌとして立ち上げたとはちょっと考えられません。
その証拠というわけではありませんがコルクには「MIS EN BOUTEILLE A PREHY」のほか何も記されていません。PREHYとはPréhyでこの生産者の存在するコミューンの名前であります。コルクは天然の良質で長さは45ミリ、ごく一般によく見掛けるサイズです。グラスに注ぐとかなり鮮やかな黄緑色を呈していますがこんな濃い緑色を呈するワインは久々かも知れません。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 10:48 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年07月11日
All Rights Reserved./Skin:oct