ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Marsannay 2000 Domaine Henri Richard
7v0627.jpg先ずはこの生産地について少し説明したいと思います。ディジョンからN74を南へ下るとすぐ右手に見えてくる村がシュノーヴ(Chenôve)、次にマルサネ・ラ・コート(Marsannay-la-Côtes)、そしてクーシュイ(Couchey)なのですがこの3つの村で造られる赤・白に与えられるのが「マルサネ」であり、ロゼが造られるとそれは「マルサネ・ロゼ」という独立したアペラシオンが与えられます。もっともこの2つが独立したアペラシオンになったのは1987年10月22日のことでそれまでは赤ワインはブルゴーニュ・マルサネ、ブルゴーニュが前に付く例えば現在の Bourgogne Haut-Cotes de Nuits のような扱いでした。
何故ロゼだけが特別扱いされるのかというとドメーヌ・クレール・ダユの活躍を忘れる訳には参りません。1919年のことに遡りますが当時はこの地ではガメイが植えられていたのですがそれを駆逐してピノ・ノワールに置き換えたのがドメーヌの創立者ジョセフ・クレール。
またそのジョセフ・クレールが考案したのが赤ワインではなくロゼ。瞬く間にこのロゼはブルゴーニュを代表するロゼの名声を獲得したのです。ですから今もその功績をたたえるかのようにロゼだけが単独のアペラシオンとして残ってあるのです。
ですがこのワインは赤で、赤に許される葡萄品種を調べてみるとピノ・ノワールとピノ・グリ(またはピノ・ブーロ)ですが、15%未満なら白品種のシャルドネやピノ・ブランを混ぜてもよいことになっています。実際に混ぜている生産者がいるかどうかは知りませんが・・・。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:33 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年06月27日
All Rights Reserved./Skin:oct