ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Mâcon-Cruzille 2005 Domaine Guillot-Broux
7v0625.jpg一連のギヨ・ブルーのワイン、これはマコンの次に村の名前、Cruzille が付いているのでマコン・ヴィラージュと間違う人が多いのですが単なるマコンに属する赤ワインです。例によって有機栽培なる葡萄であるとのことが強調されていますがラベルにこれを謳い文句にするワインにろくなものなしと云うのが私の立てた説であります。
コルクは長さ50ミリありますが孔が大きめの中級品で両端には2005が○で囲まれ生産者名と村の名前の記載があります。一連のシリーズの中では最も辛口に仕上げられてはいますが私にとっては実に甘く感じます。所謂残糖分が多い訳でこれが好きな人にはそれなりに受けるでしょう。しかし赤ワインと言うモノ、最初の一口が甘いとそんなに量が飲めるものではありません。人それぞれ好みは千差万別、甘いタレ焼の焼き肉が好きならこんなワインが向くのでしょうけど私の趣味ではありません。宮崎産A4のラムシンはまるでフィレ肉のようです。薄切りにして塩胡椒、軽く炙ってそのまま食べると実に旨い。しかし残念ながらワインとは合いません。朝テレビに出ていた安田さんをマネしてカレーの仕込みに使うことにします。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:38 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年06月25日
All Rights Reserved./Skin:oct