ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

嵐山高級料亭のワインリストを分析その2
先日の続きです。一つ断っておきますが私は普段こんなお高いワインを飲んでいる訳ではございません。昔からワインに親しんでいるため昔と比べて今の価格は異常であるといつも申し上げております。
さて泡の後はスティル・ワインです。シャンパーニュでは所謂大手を押さえてはいますが抜けているのがボランジェとルイ・ロデレールでしょうか? 話題性なら007によく出て来たボランジェ、そして皇室云々を宣うならボランジェもそうですが歴史のハッキリしているルイ・ロデを取り上げるべきであの胡散臭いアンリ・ジローとやらは却下すべき銘柄ではないでしょうか?

▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 06:30 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年06月20日
All Rights Reserved./Skin:oct