ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Pernand-Vergelesses Blanc 2004 Domaine Denis Père et Fils
7v0616.jpgブルゴーニュと云えども専ら人気はムルソー村やそのお隣の高額村村に集中しており、コルトンの丘は蚊帳の外である様子です。しかしその蚊帳の外であるはずのコルトンの丘でも異様に人気の高いのがG.Roumierの造るCorton-Charlemagneであります。あまり知る人がいなかったのですがここ10年程でしっかりと高嶺の花になってしまいました。しかしこの白ワインは皆の喜ぶお決まりの条件は満たしていないはず。何か他に原因があるのでしょうね、昔ラ・ターブル・ド・コンマではリーズナブルに飲むことが出来たのですが・・・。で、今ならばサヴィニーやペルナンが蚊帳の外扱いながらまだまだリーズナブルであります。コルクは天然のそれで長さ49ミリ色白のしっかりとした質ですが生産者元詰めの表記以外にヴィンテージも何も記されておりません。香りはシャルドネのフレーバーにいつの間にか熟成した感じが出て来ており早くも飲み頃を迎えているようであります。しかし色はまだまだ青味がしっかりしており熟成に期待が持てそうであります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 06:01 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年06月16日
All Rights Reserved./Skin:oct