ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Mercedes Eguren 2005 Cabernet Sauvignon Vino de la Tierra de Castilla
7v0611.jpg最近のスペインワインには目が離せません。品質は高いもののフランスと比べて随分お安いものが目立ちます。このワインの名称は何と「メルセデス」を冠しています。もちろんベンツとは無関係でしようが、結構覚えやい名前なのでファンが増えそうです。しかし蔵出し価格3.125ユーロほどするので現地のラマンチャなどではかなり高価なワインに属するのでしょうね。リオハのウガルテはかなり有名になりましたがその一族がラマンチャで作るカベソーであります。輸入元の説明によりますと「ビノ・デ・ラ・ティエラ・デ・カスティーリャ 、ブドウ品種 : カベルネ・ソーヴィニヨン 100%、平均樹齢 : 16年(1989年植樹)、土壌 : 粘土石灰質、栽培面積 : 15ha、収量 : 42hl/ha、平均年間生産量 : 80,000本、醗酵 : ステンレス・タンク、熟成 : オーク樽熟成6ヶ月(225L、新樽比率60%)/瓶熟成6ヶ月」とのことであります。
早速開けてみましょう。

▼続きを読む
| ワイン日記::スペインワイン |
| 11:42 AM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2007/06/13 11:50 AM |
たけちゃん |2007/06/13 11:50 AM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年06月11日
All Rights Reserved./Skin:oct