ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

箕面名物エピナールの生チョコ
7v0603.jpg箕面駅周辺の旨い物としていろいろ取り上げてみたいと思いますが、決して紅葉の葉っぱの天麩羅などは取り上げませんので悪しからずご了承の程お願い申し上げます。まず駅前から東へ歩くと知る人ぞ知る箕面の地ビールA・J・I・BEER INC直営のビアバーがありますが名前がかなり変なため食べ歩きの人からは敬遠されているようです。その名は箕面物語「耀」(かがやき)と云うのですが牧落で地ビールを製造している大下社長が夜はここでマスターを務めておられます。
さてその南側箕面本通り商店街をしばらく歩くと信号に出ますが向かいの右側にあるのがこのエピナールです。ここのお薦めは夏と冬ではスタイルが異なる生チョコ。5月からはご覧の通りのサマー・バージョンになっています。冷凍してあるのですが口の中でとろけます。甘さを抑えた味わいはもちろん大人向けの本格派であります。
ワインはシャトー・ド・セグリエスのタヴェル2005ですが、残念ながらチョコレートには合いません。
もちろん合わせようと思って開けた訳ではありませんが・・・

| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 11:36 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年06月03日
All Rights Reserved./Skin:oct