ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Fiano di Avellino 2006 DOCG Mastroberardino
7v0601.jpgイタリアはカンパーニャ州の白ワインです。生産者のマストロベラルディーノですが私は全くの初耳で輸入元の説明では「イタリア、カンパーニャ州、ヴェスーヴィオ火山の麓に位置する、1878年創業のマストロベラルディーノ社。
1700年代には自社で瓶詰めを行い、ブドウ作りを行っていたのはそれより遥か歴史を遡る、由緒あるワイナリーです。
時代の波の中で、周囲のワイナリーが国際品種に植え替えを行う中でもカンパーニャで唯一、頑なにカンパーニャの地品種に拘り、テロワールを重視し、量より質を求めたワイン造りの道を歩んできました。
歴史と伝統を重んじながらも最新の設備を取り揃え、今やイタリアだけはなく、世界的にトップの評価を受けるまでになっています。
その格式の高さと信頼性からも、イタリア政府機関より、ポンペイの遺跡から発掘されたブドウ畑よりワインを造るプロジェクトを唯一託されるなど、イタリアを代表する生産者です」とのことであります。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 11:42 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年06月01日
All Rights Reserved./Skin:oct