ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Château La Longua 1996 AC Fronsac
7v0430.jpg今日は来客のため近所の居酒屋へ。この居酒屋ですがカルフールがオープンするときに家業であった魚屋をあっさりと諦め自宅を改造して作った民芸風の小さな店です。
立地的には近所の人しか利用できないと思うのですが駐車場があるためか大勢の人で賑わっています。ほぼ満席状態の中、私達が席に着いてから4人のテーブルが空いたと思ったらすぐまた別のお客さんが、カウンターも同様で次から次へとお客さんが入れ替わっていきます。しかしどう見ても白島周辺の住民とは思えません。駐車場の車のナンバーを見ると地元のそれ以外に神戸とか京都ナンバーも見掛けますがわざわざ遠方より来られるのでしょうか? 飲酒運転追放が叫ばれる中この店の賑わいは途絶えることがないように思えます。
しかし注意してお客さんを観察すると各グループの中にはずっとウーロン茶で通している人が何人かいます。きっとこの人達が運転者なのでしょうね。すこしホッとして店を後にしました。
かなり濃い味付けの蛍烏賊と蕗煮物の突き出しにはじまり、刺身盛り合わせはカンパチ、(解凍品ですが)中トロ、烏賊、鯛の霜降りがそれぞれ3切れ盛られて840円。自家製とつか鯵の干物は780円、活け穴子の天麩羅、〆鯖、蛸ぶつ、牛すじ大根などどれも居酒屋レベルではありますがそれなりに工夫されていて殆どが一品1000円以下なので決して高くはありません。今日は暑かったので久しぶりのエビスビール、珍しく瓶ビールを一本以上飲みました。家に帰ってから開けようと思っていたこのワインですが写真撮影の後、急に襲ってきた眠気に抜栓は明日に回すことにします。
コメントがダブってはいけないので次に述べます。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:12 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2007年04月30日
All Rights Reserved./Skin:oct