ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

第90回英ちゃんの会、桜鯛を食す
毎月一度の英ちゃんの会、今日は人気ブロガーの griotte先生が初登場頂き桜鯛を食い尽くすことに。縁とは不思議なものでメンバーの中には知り合いのA先生がおられました。旨いものに敏感な人は見えない糸でお互い引き合っているのでしょうか。さて先付けは「筍木の芽和え」この時期の定番です。次に口取りですが左上から時計回りに「アカヒラ(鰆の卵巣)の唐墨と大根、鯛の子、アスパラ、蛍烏賊の姿干し、一寸豆」。蛍烏賊の濃厚な旨味は有り難いのですがこれには日本酒しか合いません。
e090-02.jpg
向こう付けはご覧の通りの見事な姿盛りです。かなり大きな桜鯛、盛り付けに本物の桜が。


▼続きを読む
| 英ちゃん冨久鮓で味わう究極の会 |
| 09:35 AM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2007/04/23 09:45 AM |
griotte |2007/04/23 09:45 AM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2007年04月21日
All Rights Reserved./Skin:oct