ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

黒毛和種かなり上物のハラミとタン
7-mt0415.jpg
普通ハラミと呼ばれて「肉」扱いされていますが、これは流通が全く異なる所謂ホルモンの「内臓肉」の横隔膜であります。タンも同じく内臓肉として流通するので一般食肉とは別に扱われています。で、普通流通しているのは残念ながらホルスタインや交雑種の内臓肉であり、黒毛和種のそれは滅多に入りません。もちろん神戸は鷹取まで出掛ければ食べることが出来るのですが・・・ さて知り合いの肉屋さんから電話で「入った」とのこと、早速塊で分けて貰いました。内臓肉と云うと聞こえが悪いのですが例えばフィレ(関西ではヘレ)もどちらかと言えば内臓系、捌きが悪かったり鮮度が落ちると「内臓系」の匂いがするのでご理解頂けると思います。

▼続きを読む
| 特選素材 和牛研究会 |
| 09:20 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2007年04月15日
All Rights Reserved./Skin:oct