ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

これが偽物ワインだ! その1
7v0330-01.jpgワイン大学会員の皆様には先日 Romanée-Conti の偽物画像をお知らせしましたが、これは約15年前とあるワインバーで飲まされたれっきとした偽物 Henri Jayer のボトルであります。既にこの頃大量の偽物が出回っておりましたが気付いたのは私の周りでは2人だけ。飲んだことのない人は「さすがは Jayer !」と仰っておられましたが私は蔵にまで行って本物を何度も味わっており、また1980年代にはタイユヴァンで安かった Jayer のワインを結構数飲んでおり、味の違いは明らか。で、記念にと持ち帰ったのがこの瓶であります。本物と比べることが出来れば良かったのですが、当時はワインバーで飲んでも確か3万円程度の物。本物はかなりの本数を持っていましたが、まさか今のような狂乱価格になることなど思ってもみませんでした。お知らせしなければならないのは海外からのオファーであります。何処かとは申し上げませんが送られてくるリストの中に Henri Jayer のワインは何種類もまた何ケースも提示されています。しかし直接買ったレストランなどが手放すはずもなく、本人から直接聞いたのですが毎年相当数の数を引き取ってくれる某国のワイン卸業に売ってしまうとのこと。だったらフランス各ネゴシアンに流通しているモノは何なのか? 私はその大多数がフェイク・ボトルであると想像します。


▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 01:05 PM | comments (3) | trackback (x) |
コメント一覧
Grappa |2015/06/10 06:59 PM |
Georges |2015/06/10 01:19 PM |
Grappa |2015/06/09 03:47 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年03月30日
All Rights Reserved./Skin:oct