ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ワインは現物をよく観察して買いたい
「ワインは観てから買う物」です。従って私はネットでワインを買う事はまずありません。しかもよく観察しないとあとで後悔する事になります。まずどの教科書にも書いてある事ですが「瓶の中身が減っていない事」を確認します。もちろんラベルが汚れていないのは当然ですが、次はどうされますか?
私はキャップシールがクルクル回るかどうか確認します。中にはボトルにへばり付いているモノもありますがこれは無理に回さない事です。もっともそれなりの価格のモノはほとんど樹脂製の物はありませんので大概の場合漏れがない限りクルクル回ります。回らないものは避けるべきでしょう。
ですがこれだけで買い物かごに入れてはダメです。中身の色にご注目、白ワインなら並べてよく観ると色の薄そうな物が殆どなら、濃く見えるものは避ける事です。赤ワインも同じで色の濃い薄いは判りませんが濁っている物は他の物と比べるとお分かり頂けるはずです。

▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 11:38 AM | comments (5) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2007/03/31 01:09 PM |
徒然わいん |2007/03/31 01:09 PM |
Georges |2007/03/31 01:08 PM |
徒然わいん |2007/03/30 11:41 AM |
通りすがり。。。 |2007/03/30 11:41 AM |

Bourgogne Chardonnay 2001 Domaine Paul Chapelle & Filles
7v0327-01.jpgブショネ続きに早く終焉を願いたいと思っておりましたが結果から申し上げますと、今日のワインは実に活き活きとしております。ポール・シャペルという人物とその娘さんによるワインですが場所はモンタニー・レ・ボーヌというかなり辺鄙なところのようであります。ポール・シャペル氏はワインの分析所も経営するという謂わばワインのプロ中のプロとでも申し上げたらよいのでしょうか。裏ラベルの説明によりますと畑の位置はピュリニー村に属しているとのこと。昔の説明では確か Fumelot とかいう名前も付いていたことを思い出しました。ヴィンテージは2001年、メインのラベルにではなくなで肩のその部分にヴィンテージラベルが貼り付けてあります。しかし今流通しているブルゴーニュ・ブランはほとんどが2005年か2004年のはずですが、ごく最近輸入されたばかりというのにこのヴィンテージは2001年。他の物と比べると3年以上蔵に寝かされていたことになります。コルクはこのクラスとしては普通かもしくは長い目かも知れません。49ミリの長さで生産者名とヴィンテージそして生産者元詰めの印字がありますが端面に2001の表示はありません。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:07 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年03月27日
All Rights Reserved./Skin:oct