ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

レッジャーノ・セッコのコルク
co0309.jpg先日ご紹介したメディチ・エルメーテのレッジャーノ・セッコですが1100円定価の割にスタイル抜群のボトルにシャンパーニュに多く使われている積層天然コルク(左側)、ちなみに右の合成コルクはクリスチャン・ブルモーのブラン・ド・ブラン(定価5500円)のもの(10日ほど放置してたらこんな形に戻っていました)。安くてもコルクの質を落とさない姿勢はご立派、早速飲んでみることに。上級キュヴェのはずのアッソーロ・レッジャーノ(1350円)と比べて内圧はそれほど変わりません。これらの赤泡は14℃位が飲み頃温度なのでギンギンに冷やす必要もなく手軽に開栓出来るのが有り難いと思います。グラスに注ぐとビールのように細かい赤泡が層になって上に浮きます。香りは慣れれば好きになる香りですが最初は面食らうかも知れません。アッソーロと比べ残糖分が少ないはずなのですがそんなに激辛でもありません。若干味の密度が小さいこと位しか欠点を見付けることは出来ませんでした。和牛肉のカルパッチョやカプレーゼなど我が家の定番イタリアンにとてもよく合います。侮る無かれ、1100円のイタリア赤泡! パルミジャーノ・レッジャーノを固まりで買い、オリーヴオイルの消費量の多いご家庭にはピッタリの一本です。

| ワイン雑感 |
| 09:58 AM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
ひろ |2007/03/14 09:56 AM |
徒然わいん |2007/03/13 05:11 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年03月09日
All Rights Reserved./Skin:oct