ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

i Quercioli DOC Reggiano Lambrusco Dolce 2006 Medici Ermete
7v0306-01.jpg生産者の Medici Ermete を Infoseek で調べてみると一番先に出てくるのが楽天のとある販売店。この店専用に輸入している商品を748円という価格で売っています。希望小売価格は2100円となっていますがこれはかなりの疑問であります。いつも申し上げる通りランブルスコとはエミリア・ロマーニャ州特産の安い赤の発泡酒が有名でその蔵出し価格は2ユーロそこそこのものが大半を占めるはずです。自分の店専用の契約をしているからといって法外な希望小売価格は如何なものかと考えます。ちなみに写真のワインは同じ生産者の甘口ですが希望小売価格はたったの1100円、先日アップしたセッコも同じく1100円であります。今までは競争して安売りしていた販売店が戦略を変えて自らの利益を確保するため店独自のものを契約輸入して販売するようになってきました。ネットで調べたら一店舗しかヒットしないのはそのためであります。他に競争する相手が居ないので希望小売価格は付け放題というのは消費者を惑わす原因になるのではないでしょうか? イクスクルーシヴで販売するなら自ら付けるプライスが希望小売価格であり748円がそれに当たります。誰が希望する小売価格かその意味を考えて頂きたいと思いますが如何でしょうか?



▼続きを読む
| ワイン日記::イタリアワイン |
| 05:17 PM | comments (5) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2007/03/08 05:41 PM |
ますとら |2007/03/08 05:41 PM |
Georges |2007/03/08 05:40 PM |
Georges |2007/03/08 05:40 PM |
ますとら |2007/03/08 05:39 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年03月06日
All Rights Reserved./Skin:oct