ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

二月の麒麟
東京からの客人と共に八人で円卓を囲みます。円卓は二つだけで六人以上の予約でないとカウンター席になってしまうのがここのシステムですが中国料理を楽しむにはやはり大勢で色々食べるのが良さそうです。名物のあこうや伊勢海老そして白狭海老も入荷がないということでグランドメニューと黒板から選んだのは次の通り。おつまみはシジミの大蒜醤油漬け、蒸し鶏、皮蛋、鯛の刺身中華風、水餃子、ミル貝とモヤシ炒め、帆立貝柱と野菜炒め、蛤の二色蒸し(黒豆と大蒜)、鴨スモークの唐揚げ、茄子と豚肉のピリ辛炒め、蒸し牡蠣、トンポーロー、水菜、炒飯、香港焼きそばとザーツァイ(これだけだったと思います)。




▼続きを読む
| 食べ歩き::お気に入りの店 |
| 10:11 AM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2007/03/03 05:32 PM |
tak_123 |2007/03/03 05:32 PM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年02月26日
All Rights Reserved./Skin:oct