ワインとピアノのある部屋

八戸ノ里南を西へ入った自転車店のつぶやき

Chateau Beychevelle 1993 AC Saint-Julien
7v0225.jpg久しぶりにメドックのクリュ・クラッセを買いました。私は既に名のあるワインを買うことはあまりありませんが格安に感じたら少しは買います。先日のワイン会で開けたポンカネが丁度飲み頃を迎えて良かったので格安飲み頃ボルドーを仕込もうと考えています。昔の話になりますが日本の大手酒類メーカーがスペイン人から手に入れた第3級シャトー、私はこの1985年と少し後の1990年をしこたま飲んだ訳ですが近隣のこのベイシュヴェルにも資本参加していたのですね。ボルドーからD2を北上すると40キロ程でこのシャトーに突き当たり左へカーブした直後に大きく右へ曲がるので印象に残るシャトーであります。国道沿いには行かずに右に曲がらなければグリュオー・ラローズやラグランジュがあります。ベイシュヴェルの葡萄樹齢は他のシャトーと比べるとかなり若く、昔よく飲んだ頃(80年代初期)の平均樹齢は14年程度。昔は青臭いとよく云われたものですが最近は資金を投入してくれた成果が出て価格の割に質は向上しているようであります。評論家諸氏が余り良くないことを書くのは昔の悪いイメージが残っているからだと推測します。




| ワイン日記::フランスワイン |
| 06:51 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインとピアノのある部屋::2007年02月25日
All Rights Reserved./Skin:oct