ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Trincadeira 2004 Adega de Pegoes
7v0220.jpgスペインとばかり思っていましたがポルトガルのワインでした。甘口のポルト酒はそれこそイヤって云う程飲んできましたがスティルワインは思い出そうとしても出て来ません。葡萄品種は初耳の「トリンカデイラ」、もちろん見たことはありません。生産者は協同組合でアデガ・デ・ペゴンェスと発音するそうですが、自信はございません。コルクはさすがにお国自慢の天然物で長さは44.5ミリと中途半端、質は固く良い感じの物で液体に触れた部分だけが赤紫色に染まっています。ワインの色も大変綺麗な赤紫色を呈し香りは南の雰囲気がありますが独特であり嫌みはありません。口に含むとラングドックによくある熱気を感じる濃厚さ、しかしそんなに重くはありません。







▼続きを読む
| ワイン日記::その他ワイン |
| 10:26 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年02月20日
All Rights Reserved./Skin:oct