ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

天然河豚7.85㎏を7人で食べる
冬の味覚の王者と云えば人によっては松葉蟹でしょうが私にとっては河豚。もちろん天然物に限りますが今日のはちょうど食べ頃の大きさで白子だけでも1キロを超えています。本によれば河豚の大きさは2.5㎏とか3㎏までとか書いてありますがそれはその大きさしか普通流通しないからであります。ホンモノの旨い河豚は4キロを超えるもので(最大15㎏まで大きくなりますが)最も旨いのは6㎏から12㎏のものであります。
es0215-07.jpg
大きな河豚ならではの身皮(みかわ)と遠江(とうとうみ)。ふぐの美味しさはてっさ、てっちりも良いかも知れませんが、焼いて食べるのが一番です。
es0215-09.jpg
これが焼き河豚。お上品に食べられる物ではありません。手で掴みしゃぶりつくだけ。

ワインはいつものブラン・ド・ブラン99とブラン・ド・ノワールの02そしてシャトー・オリヴィエ・ブランの01でしたがこのペサック・レオニャンの1本はブショネ。日本酒2種類。場所は英ちゃん冨久鮓。





▼続きを読む
| 食べ歩き |
| 11:49 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年02月15日
All Rights Reserved./Skin:oct