ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Bonnes-Mares 2003 Domaine Drouhin-Laroze
ve088.jpg昨日の英ちゃん会から一本ご紹介します。このドメーヌのワインはフィリップのお父さん、ベルナールの時代から買っておりますが特にお薦めするのはこの特級畑であります。世間では最近取得した隣村のグラン・クリュやクロ・ド・ベーズを取り上げているようですがピントがずれている選択であります。ドメーヌはボンヌ・マール全体の11.5%に相当する1.73ヘクタールを所有しており毎年のようにハイレベルなワインを供給してくれます。次にこのドメーヌで見逃すことの出来ないのはクロ・ヴージョであります。クロ・ヴージョは50ヘクタールもある広大なグラン・クリュですがそのどの部分で出来る葡萄が良いか?と聞かれたら私は斜面の上の方とお答えしています。シャトーのあるすぐ下の斜面が理想的な条件の整っている部分ですがその大部分はメオ・カミュゼが所有しており、ドルーアン・ラローズはその南側に細長い部分を1.25ヘクタール持っています。

▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 08:49 AM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2007/02/13 07:02 AM |
Midoc |2007/02/13 01:25 AM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年02月11日
All Rights Reserved./Skin:oct