ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Blue Pyrenees Blanc de Noir Methode Traditionelle Brut 2000
7v128.jpgオーストラリアのスパークリングワインです。長年愛飲していたクレマン・ド・ブルゴーニュがスタイルを変えたため新しいものを探していたのですが、これはかなり私の好みに合うので有り難い存在となることでしょう。ワイナリーはブルー・ピレニーズ・エステイトで輸入元の説明によると「フランスのコニャック・メーカー『レミー・コアントロー』によって1963年ヴィクトリア州ピレニーズ山脈の東、アヴォカに建設されたワイナリー(現オーナーはオーストラリア人実業家のイアン・フェイアー氏)。設立当初はブランデーを造るために開拓が進められましたが、テロワールが非常にワイン造りに適していたことから、ワイン用のブドウ栽培へと切り替え、現在では全て自社畑(175ha)でワインを生産するオーストラリアを代表するワイナリーとなりました」とのことであります。





▼続きを読む
| ワイン日記::その他ワイン |
| 08:06 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年01月28日
All Rights Reserved./Skin:oct