ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

ボニリジャパンさん2007年1月のテイスティング
殆ど毎月一度開催されるテイスティングです。ワインと云うもの色々飲んでみてなんぼの世界。飲んでみないと新しいワインについて世界が広がりません。「井の中の蛙大海を知らず」とはならないよう努力する必要があると考えます。
7v0125.jpg先ずは好感を持ったワインから Chateau Saint Brice (サン・ブリース)2003 AC Corbieres です。判断の理由は価格の割に品質が高いこと、即ちお買い得ワインであると云うことです。まだ紫がかった綺麗な赤色を呈しレッグも長く見た目は良好で香りがまさに苺なのです。ベリー系の香りとよく云われるワインは結構あるものの、これ程ハッキリした苺の香りを持つワインはこの価格帯では少ないと思います。味は南仏のワインであるが故少し甘く感じますがヴィンテージを考慮するとご立派と言えると思います。ちなみにこのワインミルコートでは1000円そこそこあるいは1000円を切って販売するとか。輸入元のロイヤルリカーが大量に保有していたのでしょうか? もともとの定価は2000円と云うことですので試してみても損はありません。このワインはよくできたアペラシオン・コルビエールの一つとして教科書に出ても良さそうなワインであります。しかしコルビエールという地域は2000年以上前から葡萄栽培されていた歴史があり地域によりかなり違ったワインを生むことも知られています。土壌の違う4つの地域があるそうですが残念ながらそれらを比較試飲したことは未だございません。


▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 12:11 PM | comments (2) | trackback (x) |
コメント一覧
Georges |2007/01/28 05:02 PM |
堺の松仙 坂井です |2007/01/27 10:37 AM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年01月26日
All Rights Reserved./Skin:oct