ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Spiritueux de Truffe du Perigord Jean-Paul Mette
ev0113.jpg今日はワインではありません、アルザスのリボーヴィレで作られるトリュフの蒸留酒であります。結論から申し上げると全くトリュフの香りは感じられません。先日お土産として頂戴した白トリュフのオリーヴオイルはホンモノ白トリュフの風味そのままのとても素晴らしいものでしたが、こちらは全くの別物でボトルのラベルがなければ何の蒸留酒か見当が付かないはずであります。高価なものだけに騙される人がないようにと願います。フランスの黒トリュフは今が最盛期の筈ですが本場フランス以外に色々産地があるようです。日本の山口県秋吉台でも採れるとのことですが国産トリュフは流通しているのでしょうか? 先日テレビで見たのですが国産キャヴィアも出回るようになったとか?
これらはまだ未体験であります。

| ワイン日記::フランスワイン |
| 09:25 AM | comments (3) | trackback (x) |
コメント一覧
チェリS |2007/01/15 12:06 PM |
チェリS |2007/01/15 12:00 PM |
Georges |2007/01/15 11:20 AM |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年01月13日
All Rights Reserved./Skin:oct