ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chateau Leoville Las Cases 1979 AC Saint-Julien
7v0110.jpg云わずと知れたメドックのスーパーセカンドです。ヴィンテージは見えにくいですが1979年、発売当初はさほど騒がれなかった年であります。私はボルドーのシャトーもののワインは昔はそれこそ知らないものはない程飲んでおりました。ですからシャトー・マルゴーのジネステ時代のものは一切買うことはありません。好んで買って飲んだのはこのシャトーの北隣、ラトゥールであります。ラトゥールは毎年の出来不出来が余り感じられず、ムートンはその差が大きく、ラフィットは単に薄くと感じることが多かったように記憶しております。で、このラス・カーズを好んで飲むようになったのは実は最近のことです。ディヴァ・ボルドーの社長と遅い昼食をとったのはボルドーの Jean Ramet というレストラン。メインの仔羊に合わせたのがこのラス・カーズの1959年。
これがラス・カーズとの初めて真剣に取り組んだ出会いであります。






| ワイン日記::フランスワイン |
| 03:44 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年01月10日
All Rights Reserved./Skin:oct