ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Chateau La Petite Borie 2004 AC Bordeaux
7v0107.jpg久しぶりのダメダメワインです。こんなワインに金賞を付与する組織そのものが胡散臭いと申せましょう。チャレンジ・インターナショナル・デュ・ヴァンなる組織というか品評会がいつから行われているのかも知りませんが色だけが綺麗で香りも味も評価出来る代物ではないと断定致します。何が問題かと申しますと先ずはコルクを抜いたときの匂い。ボルドーとは異質の安物イタリアワインのような匂い。具体的に申し上げると埃っぽい匂いであります。もっと実例を挙げるとしたなら掃除機の内部を掃除するときその蓋を開けたときの匂いと申し上げたらご理解頂けると思います。この匂いを「胡椒のようなスパイスの香り」と表現するのは売らんがための常套手段。しかしいつも申し上げるようにコンクールでの金賞銀賞受賞ワインにろくなものがないというのはもはや定説になりつつあります。

▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 11:36 PM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年01月07日
All Rights Reserved./Skin:oct