ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

明けましておめでとうございます
qp-07osechi.jpg
新年の幕開けはお節から。ビストロ・クードポール特製お節は化学調味料・食品添加物は一切使わず野菜は有機栽培、魚は天然と素材にまで拘っています。左上から殻付きエスカルゴのパセリバター焼(これだけはオーヴントースターで焼く必要有り)と田舎風リエット。但馬地鶏のガランティーヌ柚子胡椒風味と白隠元トマト煮。イタリアンサラミとモチ豚の塩漬けラヴィゴットソース。中段左からクレソンのローストビーフ巻きとポワローと鶏胸肉のトリュフ風味。フォアグラテリーヌのスモーク、ドライフルーツ添え。フランス産鴨腿肉のコンフィレンズ豆添えと帆立貝のベーコン巻き。下段左から鰆のタプナード焼とスモークサーモン塩昆布風味。キノコのテリーヌと鴨ロースのマスタード風味。足赤海老のスパイス焼とギリシャ風野菜のマリネ。
真ん中に鎮座しているフォアグラはとても上質で香りも素晴らしい出来上がり。ガランティーヌと海老は私には辛すぎましたが殆どすべて旨いもの尽くしでした。





▼続きを読む
| ワイン日記 |
| 10:28 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2007年01月01日
All Rights Reserved./Skin:oct