ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Taittinger Grands Crus Magnum “2000”No.166568 L9182YL010
v12-24.jpgテタンジェ社の想い出のワインです。このボトルはマグナムですが何と2200グラムもある重量級のもの。中身は1996年に採れた葡萄ピノ・ノワールとシャルドネが半々ですべて特級格付けの畑だけという贅沢なもの。これをメーカーとしては2000年を迎えるカウントダウン用にと考えたのですがこれがそもそもの間違いでありました。当時は1997年から続く空前のワインブームで「限定もの」にことさら弱い日本人は予約受付と同時に注文を入れすぐに完売状態になってしまいました。で、よくは覚えていませんが1999年の12月半ばでしたでしょうか輸入されたばかりのこのシャンパーニュは「酸っぱいー」の一言。これではクレームが出るのは当たり前という状況でありました。案の定年明け早々輸入元には返品続出! ドザージュの多い、やや(私からすればかなり)甘い目のドンペリに慣れている自称シャンパーニュ愛好家諸氏からは非難囂々。輸入元としては全くの誤算であったに違いありません。予約の段階で完売していた訳ですから買っていない販売店に声をかけるのも格好が悪かったのでしょう。倉庫にそれこそ「お蔵入り」になる羽目に・・・。

▼続きを読む
| ワイン雑感 |
| 11:39 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年12月26日
All Rights Reserved./Skin:oct