ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

nolita peche nayandei
v12-15.jpg先日ご紹介した「高級チューハイ」ですが今度は苺ではなく桃。カールトン・ペシェールのお話しをしたばかりですが「柳の下に泥鰌・・・」を狙ったのでしょうか、輸入元は苺の第2弾と新たに桃でもう一度トライしてきました。桃の果汁が50%に、ルーションで栽培されるマカブー50%から作られたワインをブレンド、それに炭酸ガスを加えて作った発泡酒。アルコール分が6.5%と低く私のようなオッサン向けではありませんが、意外と酸があり強烈な香りの割に糖分添加がないため?カールトン・ペシェールのように飲み飽きしないのが良いところであります。キャップ・スクリューのため業務用としても使えるアイテムでしょうね。思い切り冷やしてフルート・グラスに注ぎ、クラッシュ・アイスを1/4位浮かべれば楽しい飲み物になるでしょう。生産者はナヤンデイ、何を悩んでいるのか知りませんがお金儲けだけはしっかりとされておられるようで・・・生産が追いつかないそうであります。






▼続きを読む
| ワイン日記::フランスワイン |
| 02:34 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年12月19日
All Rights Reserved./Skin:oct