ワインと葡萄

ワイン用ブドウラボ、たまにピアノ

Milosz Magin
magin02.jpg以前にもご紹介したかも知れませんが殆ど日本では知られていないピアニストでショパン弾きのミロシュ・マギンのショパン全集が出ています。

ユニバーサル・ミュージックの Accord レーベル476 1083 の10CDでショパンの殆どのピアノ作品が網羅されています。

珍しいのはピアノ・ソナタ第1番作品4でピアノの先生ヒゲマスターもご存じなかったようです。

エチュード第3番は普通弾かれる楽譜ではありませんので初めて聴かれたら「おやっ」と思われるかも知れませんが作品10、作品25全曲を通して聞くとこのピアニストの実力を思い知らされることになります。

また彼の真骨頂はスケルツォとマズルカでしょう、実に聴き応えがあり思わず楽譜を開いてしまいます。

使用されるピアノはスタインウェイ、ステレオ録音で臨場感もありあっという間に全曲聴いてしまう程であります。

| 音楽セレクション::演奏家 |
| 11:19 AM | comments (0) | trackback (x) |


PAGE TOP ↑
Copyright © 2006 ワインと葡萄::2006年12月17日
All Rights Reserved./Skin:oct